top of page

離型剤は初めから使うのが良い。

CRNシリコーンを含め大抵の型取り用シリコーンは、離型剤を使わなくても複数回の脱型は可能であると思われます。(条件により変わります)

それはシリコーン内に含有している内部離型剤や、シリコーンゴムの強度などにより差が出てくるものであります。


CRNシリコーンは高強度(引裂き強度)タイプという事もあって通常タイプよりは、良い結果が出ていると自負しております。

ですが離型剤を使用しない場合には、型取りのたびにゴム型の劣化が早く進みます。



続いて離型剤についてです。

代表的なものとしては、シリコーン系やフッ素系があり、それぞれの効果に違いがあります。

型取りの際に初めから使うことによって、ゴム型を長持ちさせる効果を発揮します。


一般的にですが

シリコーン系は、比較的安価で脱型も容易な物が多いですが、2次加工(塗装、接着)が不得意とされる。


フッ素系は、高価ですが、離型性と二次加工が良好な物が多い。


上記2点のバランスがある程度取れているのが、変性シリコーンタイプの離型剤ではないかと考えております。


当店では、変性シリコーンタイプの「メタフォームBS」を販売しております。

何回か複製して、劣化を感じてから離型剤を使われる方もいらっしゃいますが、

ゴム型を長持ちさせたい場合は、初めからメタフォームBSを使用されることをお勧め致します。




閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

シリコーン型で何回脱型できるの?②(レジンキャスト編)

今日は前回の続きとなります「シリコーン型で何回脱型できるの?」②レジンキャスト編と題してお話させて頂きます。 まず初めに、基本的なことですがレジンキャスト(ウレタンキャスト)には①溶剤型と②無溶剤型があります。 ①の溶剤型にはキシレンタイプ、ノンキシレンタイプというものがあります。 名前だけ見るとノンキシレンタイプの方が何となく、人体にもシリコーン型にも優しそうな感じがしませんか⁈ だって有害性の

bottom of page